FX業者口座一覧

FX業者・FX口座を一覧にしたサイト

DMM FX FX初心者 スワップ スプレッド くりっく365 約定力 iPhone対応 NDD
自動売買 安心感 学生可能 1000通貨 Mac対応 独自サービス トレール注文
おすすめ 外為OP
TOP(最新)
FIFO方式とは

 FIFO(ファーストイン、ファーストアウト)とは、「先入れ・先出し」という意味です。
 一般的に主流となっている決済方式では、自分で建玉を選択して決済を行いますが、FIFO方式では、最も古い建玉から順番にシステムが自動で決済を行います。

 「決済注文」がないのです。
 買いポジションを3枚持っているとします。
 その時、同一通貨ペア3枚を「売り」で注文すると、買いポジションが決済されます。

 例えば、
 ①米ドル円 買い 4枚 (約定日:2010年5月10日)
 ②米ドル円 買い 1枚 (約定日:2010年8月20日)
 このようなポジションを保有しているとします。

 米ドル円2枚を「売り」注文した場合、最も古いポジションの①から2枚だけ決済されることになります。
 よって、その後のポジションは
 ①米ドル円 買い 2枚 (約定日:2010年5月10日)
 ②米ドル円 買い 1枚 (約定日:2010年8月20日)
 となります。

 ポジションを指定して決済するのではありません。
 FIFO方式では、ドテン注文を行うことができます。
 先の例で説明すると、米ドル円8枚を売り注文すれば、4枚分が決済されますが、あと4枚売りポジションが残るわけです。
 一回の注文で、決済とポジションの反転ができるわけです。

 FX業者は、完全なFIFO方式を採用しているところはあまりありません。
 ポジション指定方式と組み合わせたり、選択できるようになっていたります。

 ちなみに、LIFO方式というのがあり、「新しいポジションから決済する」方式のものもあります。

FXメニュー
FX全般 スワップ金利 自動売買(システムトレード)
FXとは
FXは儲かるか
FXで少額(1万円)取引
主婦・学生・無職のFX
レバレッジとは
スプレッドとは
適正スプレッド
NDD方式とは
滑る(スリッページ)とは
約定力とは
FXってどう?
ドテン注文(途転、Doten)
FIFO方式とは
FXの危険性(リスク)
倒産リスク
システムリスクとは
テクニカル分析とは
ファンダメンタルズとは
スワップ金利とは
スワップ金利の出金と税金
スワップ金利の複利運用
自動売買(システムトレード)とは
自動売買(システムトレード)長所短所
MT4(メタトレーダー4)とは
VPS、ネットPCで24時間取引が楽々!
FX業者・口座 儲け方・稼ぎ方
南アランド円少額取引FX業者一覧
くりっく365FX業者の選び方
くりっく365の特徴
くりっく365と大証FXとの違い
両建証拠金Max方式FX業者一覧
重要指標時も滑らないFX業者口座
口座数多い人気のFX業者口座
予備・複数口座必要な理由
カリネックスFX業者口座一覧
スプレッド原則固定FX口座一覧
スプレッド0~1.4で高約定力FX業者
損切りできない人の儲け方
重要経済指標での稼ぎ方①(OCO編)
重要経済指標での稼ぎ方②(両建編)
重要経済指標での稼ぎ方③(ドテン編)
IFD注文でのんびり稼ぐ
トレール注文と長期複利で稼ぐ
米ドル円の法則で稼ぐ
スワップ金利で稼ぐ(初級編)
スワップ金利で稼ぐ(ロスカットレート)
iサイクル・ループイフダン・トラリピ比較
iサイクル・ループイフダン・トラリピ稼ぐ

サイトマップ 相互リンク

Copyright (C) 2010 FX業者口座一覧, All rights reserved.